縛りなしWiFi|契約前に抑えておくべき注意点

契約期間の縛りがないプランを提供している、レンタルWiFiサービス“縛りなしWiFi”。
モバイルWiFiは、一般的に2~3年の契約期間があり更新月以内に解約すると高額な違約金が発生します。
しかし、縛りなしWiFiは契約期間の縛りがないプランを選択できるので、短期利用したい人にはぴったりです。
今回は、そんな縛りなしWiFiの気になる料金プランや契約前に確認しておきたい注意点についてご紹介します。
縛りなしWiFiについて解説するハムスター
ジャンガリアン
モバイルWiFiは凄く便利だけど、縛り期間が長いという点がネックだね。
短期間でも使えるサービスは無いのかな。
ゴールデン
いつ解約するか分からないという状況なら「縛りなしWiFi」がおすすめだよ!
縛りの有無によって料金が変わるので、安く抑えたいなら「縛りあり」、いつでも解約可能な状態にしたいなら「縛りなし」といったようにプランを選ぶことができるんだ!

縛りなしWiFiとは?

縛りなしWiFiのロゴ

縛りなしWiFiはフォン・ジャパン株式会社が提供するモバイルWiFiサービスで、名称にある通り、契約期間が無いプランを選択できる点が魅力です。

フォン・ジャパンでは、WiMAXプロバイダとして“JP WiMAX”というサービスも運営しています。
また、SoftBank回線とWiMAX回線の2種類を扱っているのもポイントとえいます。

特にWiMAX回線は他社で縛りなし対応をしているケースが少なく、数ヶ月程度の短期間だけWiMAXを使いたい方にもおすすめです。

縛りなしWiFiの料金プラン

縛りなしWiFiの料金プランは、“縛っちゃうプラン”と“縛りなしプラン”の2種類があります。
縛っちゃうプランは契約期間の縛りが発生し、3年間の自動更新です。

縛っちゃうプラン 縛りなしプラン
20GBプラン
(20GB/月)
2,600円 3,000円
50GBプラン
(50GB/月)
2,750円 3,250円
通常プラン
(2GB/日)
2,800円 3,300円

縛りなしプランは、月額料金が高くなってしまいますが契約期間の縛りがないので1ヶ月経てばいつでも解約できるのがメリットです。
縛っちゃうプランは、月額料金が安いのですが更新月以外に解約すると、最大30,000円の違約金がかかります。

ゴールデン
長期で使えない方は、縛りなしプランを選ぶのがおすすめだよ!

縛りなしWiFiのメリット

縛りなしWiFiには、先ほど軽く触れた「契約期間の縛りなしで使える」という点の他、「端末が無料レンタルできる」というメリットもあります。
あらためて、それぞれ詳しく解説したいと思います。

契約期間の縛りなしで使える

縛りなしWiFiのバナー

縛りなしWiFiの最も大きなメリットは、やはり契約期間の縛りがないプランを選べるという点でしょう。
契約期間の縛りがないということは、解約時に違約金もかかりません。

一般的なモバイルWiFiは、2~3年縛りがほとんどなので、いつでも解約できるモバイルWiFiを探している方にはぴったりといえます。

ジャンガリアン
通常プランを月額3,300円で使えるのもメリットだよ!
他社と比較しても安い方になるんだ!

端末が無料レンタルできる

縛りなしWiFiの端末ラインナップ

モバイルWiFiを使うための端末(ルーター)は無料レンタル可能です。
端末の機種はSoftBank回線用のルーターと、WiMAX回線用のルーターが用意されています。

残念ながら端末の指定はできませんが、全てカラー液晶搭載で平均以上のスペックを確保していますので安心してください。

なお、レンタルとなるので解約時に返却が必要です。
端末の返却は解約月の翌月1日に必着することが条件で、1日でも遅れた場合は1か月分の月額料金が上乗せされます。

ゴールデン
端末は本体と充電用USBケーブルのみが送られてくるよ!
ACアダプタがないのでUSB用ソケットを自身で用意しておこう。

縛りなしWiFiのデメリット

ただし、縛りなしWiFiには「LTEオプションが有料」「解約違約金が高い」「縛りなしは初期契約解除がない」「端末が選べない」「端末弁償金がかかる」等のデメリットがあります。

LTEオプションが有料

WiMAXは独自のWiMAX2+回線の他に、auのスマホと同じ4G・LTE回線も使えるようになる“LTEオプション”を月額1,005円で用意しています。

他社のWiMAXでは、3年自動更新プランを選ぶことでLTEオプションが無料になりますが、縛りなしWiFiは3年契約を結んでもLTEオプションが無料になりません。

端末の設定を変えて一度でもLTE通信を使用すると、LTEオプションの料金が上乗せされるので注意してください。

ゴールデン
しかもLTEオプションは月7GBまでしか使えないよ!
もし7GB使っちゃうと、月末まで速度制限がかかるから注意しよう。

解約違約金が高い

縛っちゃうプランの解約違約金は、縛り期間がある他社のモバイルWiFiに比べても割高です。(解約違約金は加入期間に応じて、以下の通り変動します。)

加入期間 解約違約金
~12か月 30,000円
~35か月 25,000円
36か月目 0円
37か月~ 9,500円

3年毎の更新月は0円ですが、その他の時期に解約する場合はかなり高額です。
できるだけ更新月で解約するようにしましょう。

端末が選べない

さまざまなモバイルWiFi端末

縛りなしWiFiでは、WiMAXとSoftBankのモバイルWiFi端末を用意していますが、端末を選べません。

古い機種が送られてくることもあるので、端末の性能にこだわりがある方は利用を避けた方が良いでしょう。

端末弁済金がかかる

WiFi端末を持つ手

縛りなしWiFiの端末はレンタルのため、端末を壊してしまったり無くしてしまったりすると、1台あたり39,000円の弁済金がかかります。

なお、月額500円で加入できる安心サポートプランに入っておくと弁済金が39,000円⇒10,000円になりますので、持ち運ぶ機会が多いという方は加入しておくと良いでしょう。

縛りなしは初期契約解除がない

モバイルWiFiは利用場所によって電波が入らないリスクがあり、初期契約解除対応をしているケースが多いです。

初期契約解除とは、利用開始後8日以内であれば月額料金不要で契約解除できるサービスです。
クーリングオフではないため、基本的に契約事務手数料の3,000円(税抜)は実費負担になるのでご注意ください。

縛りなしWiFiの場合は縛っちゃうプランのみ初期契約解除に対応しています。
電波が入るか不安がある理由で短期契約に強いモバイルWiFiを検討している人は、縛っちゃうプランや、初期契約解除に対応している他社のモバイルWiFiとも比較検討すると良いでしょう。

縛りなしWiFiが向いている方

縛りなしでモバイルWiFiを使いたい
回線の種類にこだわりがない人

という方に「縛りなしWiFi」は特にオススメです。
何と言っても契約期間の縛りがなく手軽に使える点がメリットですが、端末が選べないというデメリットもあります。
性能にもこだわりたい…という人は方はご注意ください。