コスパが悪い!?SoftBankのポケットWiFiを調査

スマホがSoftBankだからポケットWiFiもSoftBankで契約しようと考えている方も少なくないと思います。
正直なところ、SoftBankでポケットWiFiを契約するのはコスパが悪いためあまりおすすめできません。
この記事では、なぜおすすめできないのか、注意すべきポイントを徹底解説していきます。
SoftBankのモバイルWiFiについて解説するハムスター
ジャンガリアン
SoftBankのスマホを持っている人はSoftBankのポケットWiFi一択なのかな?
ゴールデン
それは「あなたがどうネットを使うか」によるよ!
動画やSNSしか見ない・使わないのであればソフトバンクのポケットWiFiがお得になるケースもあるんだ。
ちょっとピンポイントなんだけどね。

ポケットWiFiはどう使うのが賢い?

SoftBankのPocketWiFi

メリハリプランを契約していて満足していらっしゃる方。
こういった方にはあまり関係のない話かもしれません。

なぜならメリハリプラン自体に動画・SNS見放題のオプションがついているため、別途でポケットWiFiを契約する必要性があまりないからです。

短期の単身赴任で、スマホもパソコンもタブレットも使うといったピンポイントな目的がなければ、損をすることもあります。

料金プランやメリット、デメリットを確認したうえでご利用を検討されてみてくださいね。

※ポケットWiFiはソフトバンクによって商標登録されている商品です。
現在はモバイルWiFi全般を指す言葉にもなっていますが、元々ポケットWiFiと言えばSoftBankとY!mobileが販売しているモバイルWiFiを指します。

料金プラン

それでは早速料金プランの確認をしていきましょう。

最大通信量 月総額
データシェアプラン スマホと同じ 980円
メリハリプラン
forデータ
50GB 7,480円
ミニフィットプラン
forデータ
~5GB 1GB:1,980円
2GB:3,980円
5GB:5,480円

ポケットWiFiの料金プランは、光回線のプランと比べるとかなりシンプルです。

大きな違いは、スマホとポケットWiFi端末の通信データ量をシェアするプランが用意されていることですね。

ジャンガリアン
テザリングもスマホからWiFiを飛ばせるよね。
ポケットWiFiと何が違うの?
ゴールデン
テザリングはWiFi・USBケーブル・Bluetoothといろいろ使うことができるけど、通信速度はスマホ依存だから遅いんだ。
モバイルWiFiはWiFiしか飛ばせないけど、通信専用だからスマホよりも速くなることが多いよ。

テザリングとポケットWiFiは似ているサービスですが、用途を考えると使い分けができます。
とりあえず自分のタブレットやパソコンをオンラインにできればいいという方は「テザリング」、家の外でも快適に動画閲覧やオンラインゲームがやりたいという方は「ポケットWiFi」といった形で使い分けると良いでしょう。

テザリングだとスマホの充電をかなり消費してしまうため、電池持ちを気にする方にもオススメできますね。

ポケットWiFiのメリット

ポケットWiFiをせっかく契約するのだから、メリットもデメリットもちゃんと確認したうえで精査したいですよね。
あえてポケットWiFiを使う方にとってのメリットは次のような点にあります。

設定がラク
LTE通信なので国内のカバー範囲が広い
お得な「動画SNS放題」オプション付き

それぞれ詳しくみていきましょう。

設定がラク

ポケットWiFiとパソコン

現在のポケットWiFiには、QRコードを読み取るだけで勝手にWiFiの設定をしてくれる機能があります。 接続できるWiFi回線を調べて、暗号化キーを入力して…という手順は、機械に慣れていない方にとってかなりの重労働でしょう。 それがカメラ機能だけで簡単に接続できるのは素晴らしいですね。 また、親御さんに回線を貸してあげたい方にとっても、説明の手間が省けるメリットがあります。

LTE通信なので国内のカバー範囲が広い

よく目にするLTEとは、正式に言えば3.9Gのこと。
そうやって表記すると4Gより劣ると誤解されそうですが、世界標準で「LTE=4G」と認められているようです。

そして、SoftBankの4G・LTEにおける人口カバー率はなんと99%。
日本中のどのご家庭でも快適に使えます。

これはポケットWiFiが光回線に勝る理由の一つです。

光回線で一番多いフレッツ光・光コラボ系でも、東日本で95%、西日本は93%です。
「どの家庭でも使える」という点に着目すると、光回線やホームルーターに比べて小回りが効いてとても使いやすいのです。

手軽に外に持ち出せるというのもポケットWiFiならではの強みですね。

お得な動画SNS放題オプション付き

動画SNS放題の広告

なぜスマホだけでなくモバイルWiFiも契約するのかを考えたとき、データ通信量が足りないからだという意見が大多数だと思います。
その大容量通信のほとんどが動画やSNSのせいではないでしょうか?

50GBプランでも足りない!という声にお応えしたのがこの「動画SNS放題」です。
元々スマホのプランについているオプションではありますが、データをシェアしているポケットWiFiを家族と一緒に使うと考えた時にお得になります。
これはプランで決められている50GBとは別に、対応サービスの動画やSNSが見放題・やり放題になります。

ジャンガリアン
YouTubeもNetflixも見放題だー!
ゴールデン
ただし公式アプリで見ることが条件だから注意してね。非公式アプリは対応外だよ。

通信容量を消費してしまうような動画サイト、SNSが除外されることでかなり余裕が出るのではないでしょうか?
ただし生配信(LIVE配信)などは概ね対象外ですのでご注意ください。

ミニフィットプランでは利用できないので、スマホのプランをメリハリプランへ切り替えましょう。

これでもまだ足りないという方は光回線か他のポケットWiFiの検討をおすすめします。

ポケットWiFiのデメリット

SoftBankのポケットWiFiでデメリットとして考えられるのは主に料金面です。
具体的には「スマホのプランを変える必要がある」「割安感はあまりない」という点はデメリットと言えるでしょう。
スマホのプランを高額なものに変更する必要があるとなると、本当にお得なのか正直疑問に思う部分がありますね。

スマホのプランを変える必要がある

スマホを操作する人

確かにスマホ料金とポケットWiFiの料金を合算して考えれば安いかもしれませんが…。
SoftBankでポケットWiFiを契約するということは、「スマホ→メリハリプラン」「ポケットWiFi→データシェアプラン」ということになります。

この場合、スマホのメリハリプラン料金がネックです。
公式サイトでは月額3,480円といかにも安くなるように記載していますが、ここまで料金が安くなる方はそう多くはありません。

割引の内訳

割引の内訳を詳しくみていきましょう。

割引名 割引額
半年おトク割(6ヵ月) 1,000円
みんな家族割+ 2人:500円
3人:1,500円
4人以上:2,000円
5G 1年おトクキャンペーン 1,000円
おうち割 光セット 1,000円
半年おトク割(6ヵ月)

ご利用開始翌月から適用されます。
2~7ヶ月後まで利用料金を1,000円割引するキャンペーンです。
6ヶ月間恐らく大多数の方が受けられる割引でしょう。

みんな家族割+

家族にSoftBankのスマホを契約している方が2人以上いると適用されます。
2人なら500円3人なら1,500円4人以上なら2,000円の割引です。
4人以上は中々難しいかもしれませんが、2~3人くらいであれば現実的な数字です。

5G 1年おトクキャンペーン

1年間の利用料金を1,000円割引するキャンペーンです。
5G端末をご利用でない方は受けられません。

おうち割 光セット

ポケットWiFiをお考えの方にはあまり関係ない割引かもしれません。

ジャンガリアン
光回線とポケットWiFiを同時契約っていう人はちょっと珍しいんじゃないかなあ…。
月に200GBくらい使うよっていうヘビーユーザーの人はありえるかもしれないけど。

ただし、遠方に住んでいるご家族が契約していれば割引を受けられます。

割安感があまりない

電卓で計算するイメージ

前述の理由があって、あまり割安感はありません。

おうち割光セット以外の割引を最大限活用してデータシェアプランを契約すると5,460円です。
しかし、これはスマホとポケットWiFiの端末代金を除いた金額です。

安価なiPhoneSEを48回払いで購入した場合は月々1,200円で、更にポケットWiFiの割賦金750円を加えると7,410円です。
しかも半年割が終われば8,410円になります。

一番安くてこの金額なので、家族割が最大限受けられなくなるとさらに金額が上がります。

ゴールデン
機種代金を一括払いで購入したら月々は確かに安くなるけど、総合的に使う金額は変わらないよね。

ミニフィットプランで月1GB以下に抑え、他のポケットWiFiを利用したほうが結果的に安くなるかもしれません。

特にGMOとくとくBBのギガ放題プランは2,590円で機種代金も0円です。
3ヶ月目~24ヶ月目までなら3,344円、それ以降でも4,263円ですので、総合的に見ればかなり安くなる可能性があります。

また、SoftBankユーザーであればソフトバンク光の方がお得な場合もあります。
そちらも合わせてご覧ください。

どんな人に向いている?

総合的に見て、SoftBankのポケットWiFiが向いているのは以下の条件をいくつか満たす方です。

家族がSoftBankユーザー
自分の料金は割高になっていいので家族に使ってもらいたい
出張先・外出先で複数の高速通信を行いたい
テザリングだとスマホの充電が気になる

SoftBankのポケットWiFiの場合、“スマホ料金と合算してお得になる”という料金形態です。
スマホのプランが安めの場合、料金プランをワンランク上のものにしなくてはならない場合があります。

そもそもポケットWiFi・モバイルWiFi自体が、スマホの料金をなるべく低く抑えたい人や、外出先で大容量通信をよく行う人に向いています。

主に自宅で利用したいという場合には、容量を気にせず快適に通信できる光回線がおすすめです。