auスマホとのセット割が可能!ビッグローブ光のサービス内容を解説

ビッグローブ光は、auスマホとのセット割が適用できるのでauユーザーの方におすすめの光回線です。
工事費無料特典やキャッシュバックなどお得なキャンペーンも実施しているので、この記事で詳しく解説していきます。

【公開日】
【最終更新日】

ビッグローブ光について解説するハムスター
ジャンガリアン
auひかりが対応エリア外だったからビッグローブ光にしようかな…。
ゴールデン
auユーザーの方はauひかりの方がおすすめだけど、エリア外だった方はビッグローブ光が有力候補だよ!

ビッグローブ光とは?

ビッグローブ光のロゴ

ビッグローブ光は、大手ブロバイダでありKDDIグループの子会社でもある“BIGLOBE株式会社”が、光コラボとして提供しているインターネット回線サービスです。

光コラボとは、卸売されている光回線を他の事業者が借り受け、独自のインターネット回線サービスとして提供するビジネスモデルのことを指します。
回線自体は先述した通りフレッツ光を利用しているので、速度や回線の性能はフレッツ光と同じです。
また、光コラボでは光回線とプロバイダを一括で契約できるので、月額料金が安くなるのがメリットといえます。

ゴールデン
フレッツ光よりも光コラボの方がお得に契約できるケースが多いから要チェックだよ!

そんな光コラボであるビッグローブ光では、auスマホ(携帯・タブレットなども含む)の月額料金が割引になる“auスマートバリュー”が適用できるのが特徴です。

auユーザーの方であればお得に使える光回線サービスですが、正直なところビッグローブ光よりもauひかりの方が回線の安定性が高く、キャンペーンも充実しています。

しかし、auひかりは一部地域がエリア対象外となっており、その際にはビッグローブ光がおすすめです。

ビッグローブ光の月額料金

ビッグローブ光の基本的な月額料金は一戸建てか集合住宅かによって異なりますが、シンプルでわかりやすい設定になっています。

ビッグローブ光月額料金
一戸建て
(ファミリータイプ)
5,478円/月
集合住宅
(マンションタイプ)
4,378円/月

さらに、ご利用中のスマートフォンによっては割引が適用になる場合があります。

ビッグローブ光のメリット

ビッグローブ光を使うメリットとしては、以下の点が挙げられます。

工事費が実質無料
契約可能なエリアが広い
auスマートバリューが適用できる
IPv6対応ルーターを無料レンタルできる
キャンペーンが充実

工事費用が実質無料

ビッグローブ光の回線工事費は、ファミリータイプ(戸建)で19,800円マンションタイプ(集合住宅)で16,500円ですが、工事費相当額を毎月割引するキャンペーンがあるので実質無料になります。

ファミリータイプ(戸建て) 550円割引×36回
マンションタイプ(集合住宅) 715円割引×1ヶ月
451円割引×35ヶ月

※土日休日工事の場合は3,300円が別途かかります。

ただし、36ヶ月以上継続利用しなければ完全無料になりません。
途中で解約してしまうと、工事費の残債と違約金が請求されるので注意してください。

引越し時の工事費も0円

「光回線の契約があと半年残っているのに、引っ越しが決まってしまった…」

そのような場合でもビッグローブ光では、引越し先にビッグローブ光を移転させる際に工事費が0円になるサービスを提供しています。(※ビッグローブ光(2年プラン)の場合は有料)

しかも何度でも0円なので、引っ越しが多い方には魅力的なサービスです。

土日祝工事の場合は3,300円追加料金がかかりますが、他社だと新規工事と同じくらい支払わなければならないところを基本無料としているのはうれしいポイントです。

なお、光回線以外の光電話、光テレビの工事費は通常通り料金を請求されるので留意しておいてください。

ジャンガリアン
何回でも0円はありがたいね!
フレッツ光からの転用でも工事費不要

まず、“転用”とはフレッツ光から光コラボに乗り換えることを指します。
ビッグローブ光は光コラボにあたるので、フレッツ光を使っている方が乗り換える場合転用になります。

このようにフレッツ光からビッグローブ光に転用する場合、工事費・解約金がかかりません。
そもそもビッグローブ光はフレッツ光回線を使っているので、新しく回線を引かなくても良いのです。
※フレッツ光の旧タイプを利用している方は例外で工事費が発生します。

契約可能なエリアが広い

光コラボであるビッグローブ光は、基本的に日本全国どこでも契約できます。
auひかりやNURO光、ぷらら光などとは異なり、一部地域限定ではありません。
フレッツ光回線が通っている地域ならば問題なくビッグローブ光環境を導入できます。

NTT光回線(フレッツ光)のカバー率は93~95%程度とされているため、ごく稀にエリア対象外の場合があります。

ゴールデン
小さな離島だったり、地方の山間部だったりすると回線自体が通っていないことがあるみたい。

お住まいの地域が対応しているかどうか、詳しくはNTT東日本・西日本公式サイトからご確認ください。

auスマートバリューが適用できる

auスマートバリューの解説図

auのスマホ・携帯・タブレット等を利用している方が、ビッグローブ光とビッグローブ光電話を契約すると、”auスマートバリュー”というセット割が適用されます。

auスマートバリューは、auスマホなどの月額料金が最大2,200円永年割引になるサービスです。
同居している家族や離れて暮らす家族もauユーザーであれば最大10回線まで割引されるのでかなりお得です。

※契約プランごとの割引額はauの公式サイトから確認できます。

光電話が不要なら“auセット割”

「auスマートバリューに申込みたいけど、光電話はいらない!」
そのような方は”auセット割”がおすすめです。

auセット割の概要

auセット割の場合、auスマホなどの月額料金が最大1,200円(税込1,320円相当)割引されます。
※契約プランごとの割引額はビッグローブ光の公式サイトで確認できます。

光電話不要の方はauセット割に申込みましょう。

BIGLOBEモバイル・UQ mobileもセット割がある

ビッグローブ光では、auだけでなく、BIGLOBEモバイルとUQ mobileもセット割が適用できます。

BIGLOBEモバイル 330円割引/月
UQmobile 550円割引/月

ただし、UQmobileのセット割は有料オプションである光電話の契約が必須です。
スマホ料金が550円割引されても光電話の月額料金(550円)がかかるのでお得とはいえないので注意しましょう。

IPV6対応ルーターを無料レンタルできる

IPv6接続の解説図

ビッグローブ光では、回線が混雑しにくく速度や安定性の向上が見込める通信規格“IPv6”に対応しています。

オンラインゲームをプレイする方など速度を重視したい方は、できれば入っておきたいオプションですが、IPv6はオプションなので利用するには光電話(550円/月)とIPv6対応のルーターレンタル(550円/月)への同時申し込みが必須です。

とはいえ、光電話はauスマートバリュー適用条件でもあり、IPv6対応のルーターは12ヶ月間無料でレンタルできます。

速度を重視したいという方は検討してみましょう。

ゴールデン
ちなみに、ビッグローブ光のIPv6のオプション名は“v6プラス”だよ!

キャンペーンが充実

ビッグローブ光では、新規転用事業者変更別にお得なキャンペーンを実施しています。

新規・転用・事業者変更の意味
新規 フレッツ光や光コラボ以外の回線を利用していた方が光コラボに契約する
転用 フレッツ光から光コラボに乗り換える方
事業者変更 現在契約している光コラボから別の光コラボに乗り換える方

下記にそれぞれのキャンペーン情報をまとめたので、自分がどのキャンペーンに当てはまるかを確認したうえでみてみましょう。

回線新規契約特典

新規契約の方にだけ適用される特典は以下の2つです。

①選べる特典(キャッシュバックor月額料金値引き)
②標準回線工事費実質無料

①の特典では、キャッシュバックまたは月額料金割引のどちらかを選べます。

キャッシュバック

37,000円一括キャッシュバック

月額料金割引

1,628円値引き×12ヶ月間

月額料金割引は、19,526円なので総支給額の多いキャッシュバック特典の方がおすすめです。

②の標準回線工事費実質無料は、「工事費用が実質無料」の項目で説明した内容です。

転用の方限定特典

転用の方も、キャッシュバックまたは月額料金値引き特典が受けられます。

キャッシュバック

37,000円一括キャッシュバック

月額料金割引

1,628円値引き×12ヶ月間

また、「フレッツ光からの転用でも工事費不要」の項目で説明した通り、転用の場合は基本的に工事費もかかりません。

事業者変更の方限定特典

事業者変更の方は、以下の2つのうち好きな方の特典を選べます。

①37,000円一括キャッシュバック
②月額料金1,628円値引き×12ヶ月間

②の月額料金値引きは、総額19,536円値引きなので少しでもお得な方が良い型は①の一括キャッシュバックの方がおすすめです。

ビッグローブ光のデメリット

ビッグローブ光はお得なキャンペーンが充実していますが、以下のデメリットを必ず抑えておいてください。

違約金が高額
3年以内に解約すると、工事費の残額支払いが発生

それぞれ詳しくみていきましょう。

違約金が高額

ビッグローブ光を更新月とその翌月および翌々月以外にに解約した場合、以下の違約金がかかります。

違約金・契約更新月
違約金 契約更新月
11,900円 36カ月毎

※ビッグローブ光「ひかり」コース(3年プラン)の場合

違約金をかけずに解約できる期間は36ヶ月のうち3ヶ月間しかないので、タイミングを逃さないようにしましょう。

3年以内に解約すると、工事費の残額支払いが発生

ビッグローブ光を新規契約する場合の回線工事費は、次の通りです。

ファミリータイプ(戸建て) 19,800円
マンションタイプ(集合住宅) 16,500円

これらの工事費相当額を36回にわたり毎月割引することで、実質無料となるキャンペーンがありますが、3年(36回)以内に解約をした場合、残金を一括で支払わなければなりません。

引越し時の工事費が0円となるサービスもあり、上手に活用できれば問題ありませんが、解約を考える際は注意しておく必要があります。

ビッグローブ光が向いている人

ビッグローブ光をおすすめできる人は、以下の条件にあてはまる方です。

ビッグローブ光が向いている人

auひかりが対応エリア外だった方
3年以内に引っ越しをする可能性が高い方

冒頭でも述べましたが、auユーザーの方はどちらかといえばauひかりの方が回線速度や安定性、キャンペーン等が充実しているのでおすすめです。

しかし、auひかりは全国対応ではないので、auひかりが対応エリア外だった方にはおすすめできます。

また、引っ越しの際には移転工事費がかからないので、auユーザーの方で3年以内に引っ越しをする可能性がある方、転勤などで引っ越しが多い方にもおすすめです。