OEMサービスのCひかりを調査~NURO光とどっちがお得?

超高速通信を可能とするNURO光のOEM商品であるCひかり。
回線品質はNURO光と同じものなので、Cひかりでも最大2Gbpsの速度が期待できます。
NURO光と同じであれば、Cひかりを契約するメリットはどこにあるのか、気になるところですよね。
そこで今回は、Cひかりの気になる料金プランやメリット・デメリットを解説したうえで、NURO光とのち外を解説していきます。
Cひかりについて解説するハムスター
ジャンガリアン
Cひかりなんて聞いたことないんだけど…。
ゴールデン
平たくいえば、NURO光から買い取った回線を自社回線として売っているんだよ!
ある意味光コラボみたいなものだね。

Cひかりとは

Cひかりのロゴ

CひかりはNURO光系のOEM回線です。
OEMとは少しニュアンスが違いますが、PB(プライベートブランド)と言い換えると聞き覚えがある方もいるかもしれませんね。

セブンプレミアムの醤油ヌードル

例えば、セブンプレミアムのしょうゆヌードル。
このPB商品はサッポロ一番で有名なサンヨー食品が作っています。
光回線で例えると光コラボとフレッツ光の関係に似ています。
これらと同じで、Cひかりの回線とNURO光の回線は全く同じものなのです。

外見は違うものの、中身は大手製なので回線品質は保証済みだと言えるでしょう。
聞いたことがない光回線でも、その正体がわかれば少しは安心できるところがあるかもしれませんね。

提供エリアはどこ?

NURO光のOEM回線なので、NURO光とサービス提供エリアは同じです。
Cひかりだからエリアが狭くなるということはないと思いますので、その点は安心できます。

Cひかり提供エリア

北海道
関東:東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
東海:愛知/静岡/岐阜/三重
関西:大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良
九州:福岡/佐賀
※いずれも一部エリアを除きます。

Cひかりの月額料金

月額料金 4,980円
基本工事費 40,000円(1,333×30ヶ月)
契約事務手数料 3,000円

契約期間は2年間隔で、契約更新月以外に解約する場合は契約解除料20,000円を支払う必要があります。
契約更新月は25ヶ月目です。

基本工事料は30回払いですが、30ヶ月以上利用した場合、工事費相当額を割引してくれるキャンペーンを実施中です。

さらに、ご利用開始月の基本料金は0円です。
工事費も割引キャンペーンで割り引いてくれるため、最初の月に支払うのは事務手数料3,000円だけとなります。

Cひかりのメリット

CひかりのメリットはNURO光のメリットでもあるため、この回線独自の特徴を挙げるのは少し難しいかもしれません。
内容が重複してしまいますが、Cひかりのメリットは以下の通りです。

NURO光回線のおかげで速い
工事費が実質無料
ソフトバンクとのスマホ割が使える
他社の違約金を負担してくれる
使っているだけで社会貢献ができる

それぞれみていきましょう。

NURO光回線のおかげで速い

CひかりもNURO光と同じく、最大2Gbpsの通信速度を実現しています。

事業者自体は有名ではありませんが、中身はしっかりとしたNURO光です。
回線の安定性や通信速度は本家に劣りません。

ただし、工事が2回に渡って行われるなど、NURO光のデメリットもそのままCひかりの弱みとなってしまいます。

工事費が実質無料

Cひかりの工事費0円のバナー

通常のCひかりの工事費は40,000円かかりますが、キャンペーンにより実質無料になります。
ただし、30ヶ月の分割割引なので30ヶ月以上利用しないと実質0円にはなりません。
そのため、30ヶ月以内に解約すると工事費の残債が請求されるので注意しましょう。

ソフトバンクとのスマホ割が使える

Cひかりセット割の概要

NURO光と同じく、Cひかりでもソフトバンクとのスマホ割を使うことができます。

割引が適用できるスマホの料金プランについては下記をご参考ください。

1,000円割引

データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 50G・20GB・5GB
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+

500円割引

データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB・1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G

NUROひかり電話に加入する必要はあるものの、ひかり電話の料金は北海道・関東で500円、その他の地域で300円となります。

もし電話料金を上回る割引が受けられる場合は、是非とも加入しましょう。
ソフトバンクのスマホをご利用の家族とお住いの方は、家族のスマホ料金を安くすることができます。

ジャンガリアン
4人家族なら最大3,500円もおトクになるね!

他社の違約金を負担してくれる

他社の違約金負担

現在、Cひかりが行っているキャンペーンでは、他社を解約した際に発生する違約金を5万円まで負担してくれます。

もし違約金がない場合でも、それに代わるキャンペーンを用意していますよ。

いまいち決め手に欠けるOEM系でしたが、Cひかりではその中でも差別化を図ろうと様々なキャンペーンを行っているようです。

今後更におトクなキャンペーンが実施されるかもしれませんね。

使っているだけで社会貢献ができる

Cひかりの日本赤十字社活動支援のバナー

Cひかりを運営する「Cマーケティング株式会社」では、売上の一部を日本赤十字社へ寄付しています。
数多くの光回線を見てきましたが、使っているだけで募金ができるサービスは見たことがありません。

更に、契約後は感謝状が送付されます。
ボランティア活動をしていない限りなかなかできない経験ですので、インターネット回線を通じて社会貢献したい方には是非ともオススメです。

料金はNURO光よりも割高になってしまうものの、その分を寄付に回せると思えば決して高すぎるというわけではないかもしれませんね。

Cひかりのデメリット

Cひかりのデメリットには、NURO光のデメリットとはまた違う欠点があります。

料金が割高
契約解除料も高い
営業電話の実態

特に、NURO光の長所を台無しにしてしまうようなものが目に付きます。
ひとつひとつ確認していきましょう。

料金が割高

さきほど触れましたが、NURO光との差額を社会貢献の分だと割り切れるのであれば、問題ありません。
しかし、そうでない方にとっては「OEMのくせに割高な光回線だなあ」という風に映ってしまいます。

NURO光の最大の売りは、速度が速いうえに安いという点につきます。
この値段の部分に手を付けてしまうと、やはり躊躇してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

契約解除料も高い

Cひかりの契約期間は2年間なので、もし2年たたないうちに解約すると20,000円の契約解除料がかかってしまいます。
この契約解除料の金額は他社と比較しても高めです。

また、2年以内に解約すると解除料とは別に工事費の残債もプラスで請求されてしまうので、かなりの金額になってしまいます。

解除料を払いたくない方は、2年間はやめない覚悟を決めて契約するようにしましょう。

営業電話の実態

ビジネスフォンと紙とペン

CひかりのようなOEM系の会社は、電話営業がしつこいという悪いウワサがたっています。

以前はひどい営業をしていたのかもしれませんが、どんどん改善していっているのかもしれないですね。

こればかりはもう少し時間が経ってみないとわかりません。

Cひかりが向いている人

光回線としてかなり未知数なCひかりですが、あえて向いているとすればこんな方かと思います。

NURO光と似たような光回線を探している方
インターネットを通じて社会貢献をしたい方

特に、2点目の“社会貢献”はなかなか貴重です。
しかし、NURO光より割高な光回線の契約をしてまで…と考えると、個人で寄付したほうが良い気もしますね。

これをCひかりのメリットととるかデメリットととるかは皆様次第です。