インターネット回線とプロバイダは何が違う?双方の役割をチェック

インターネット回線を選んだのに“プロバイダ”っていうのも選ばないといけないの?と、疑問に思われたことはありませんか。
インターネットを利用するためには、インターネット回線を提供している“回線事業者”とインターネットに接続事業者である“プロバイダ”の2つと契約しなければなりません。
どちらか片方だけ契約してもインターネットを利用することはできないのです。
この記事では、プロバイダの役割を初心者の方に分かりやすく解説します。
プロバイダとインターネット回線の違いを説明するハムスター
ジャンガリアン
インターネット回線とプロバイダって一緒じゃないの!?
ゴールデン
インターネット選びは“どの光回線を選ぶ”かに焦点が当たるから、プロバイダの存在が薄くなりがちなんだ。でも、それぞれ違う役割を担っているんだよ!

回線事業者の役割

回線事業者は、インターネットに接続するための回線を提供しています。

しかし、インターネットは回線を繋いでもらっただけでは使えません。
以下の図のように、回線をプロバイダに繋いでもらわないとインターネットに接続できないのです。

インターネットとプロバイダの違いの説明図

分かりやすく例えると、回線事業者はインターネットの世界へ行くための“道”を提供しているといったイメージです。

代表的な回線事業者

NTT東日本・西日本(フレッツ光)
KDDI(auひかり)

プロバイダの役割

プロバイダは、回線をインターネットに接続する役割を担っており、ユーザーがインターネットを利用するためのIDとパスワードを発行してくれます。

プロバイダの役割を解説した図

こちらも分かりやすく例えると、プロバイダはインターネットの世界に入るカギを渡してくれる門番というイメージです。

ちなみに、プロバイダはインターネット回線があれば事業に参入できるため、日本では数百社以上のプロバイダが存在しています。

代表的なプロバイダ

Yahoo!BB
BIGLOBE
OCN
So-net

また、以下のようなサービスもプロバイダが提供しているので頭の片隅においておきましょう。

メールサービス
迷惑メール対策
ウイルスチェックサービス
音楽や映像コンテンツの配信
IP電話(ひかり電話)サービス
ホームページやブログの解説サービス

ゴールデン
プロバイダと回線事業者はそれぞれ違う役割を担っていると覚えておこう!

一体型サービスとは?

冒頭で、インターネットを利用するには“回線事業者とプロバイダの2つと契約する必要がある”と述べました。

しかし、最近では光回線とプロバイダをセットで契約できる“一体型サービス”が主流となってきています。

一体型サービスの仕組みを表した図

一体型サービスでは、回線もプロバイダもひとつの窓口でまとめて契約できるので、別々で契約する手間がかかりません。
また、料金の支払い先もひとつなので大変便利です。

例えば、auひかりやNUROひかり、eoひかりは一体型サービスにあたり、回線とプロバイダを同じグループ会社が提供しています。

一方、NTTが提供している光回線“フレッツ光”は、回線とプロバイダを別で契約せねばなりません。

しかし、NTTではフレッツ光回線を他の事業者に卸売する“光コラボ”というビジネスを展開しています。
光コラボを提供している事業者のほとんどは一体型サービスとして提供しているので、回線もプロバイダもまとめての契約が可能です。

例えば、ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光プラス、ビッグローブ光が、一体型サービスの光コラボとして有名です。

モバイルWiFiもプロバイダが必要?

前提として、pocket WiFiやWiMAXなどの「モバイルWiFi」も光回線と同様に回線とプロバイダが必須です。
ただし、モバイルWiFiは、回線とプロバイダ込みのサービスなので別々で契約する必要がありません。

例えば、WiMAXを使いたい場合はWiMAXサービスを提供しているUQ WiMAXや販売代理店の “プロバイダ”とだけ契約すれば良いのです。

ジャンガリアン
でもWIMAXってプロバイダだけじゃなくて、家電量販店でも契約できるよね?
ゴールデン
そのことは “MVNO”の意味を知ると、理解できてくるよ!次の項目で詳しく解説するね。

MVNOとは?

「MVNO(仮想移動体通信事業者)」とは、他社の無線通信インフラ(WiMAXなど)を借用して、独自の通信サービスとしてユーザーに提供している事業者のことです。
MVNOに対して、無線通信インフラなどを自社で所有する事業者を「MNO」と呼びます。

例えば、UQ コミュニケーションズではWiMAX回線を卸売しており、それをBIGLOBEやGMOなどのプロバイダが買い取って独自サービスとしてユーザーに提供しています。
この場合、BIGLOBEやGMOがMVNOにあたり、自社ブランドのUQ WiMAXがMNOにあたります。

分かりやすくいうと、BIGLOBEやGMOなどのMVNOはWiMAXの“販売代理店”ということです。

また、既存するほとんどのプロバイダがMVNOに参入しているため、一般的にMVNOのことをプロバイダと呼んでいます。
ただし、MVNOはプロバイダだけでなく、ヤマダ電機やエディオンなどの家電量販店や、J:COMなども参入しています。

ゴールデン
ちょっとややこしいけど“MVNO ≒ プロバイダ”と覚えておけば大丈夫だよ!
MVNO

意味:他社の無線通信インフラを借りて独自サービスとして提供する
事業者の例:BIGLOBEGMOSo-netヤマダ電機

MNO

意味:自社の無線通信インフラを使ってサービスを提供する
事業者の例:UQコミュニケーションズDocomoauSoftBank

WiMAXプロバイダでの契約がお得

WiMAXのプロバイダは、他社と差別化を図るため高額キャッシュバックなどの魅力的な付加価値をつけてサービスを提供しています。

そのため公式のUQ WiMAXで契約するよりもプロバイダ経由で契約した方がお得に契約できる可能性が高いのです。

ゴールデン
ちなみに、プロバイダでも公式と同じ回線を使っているので通信品質は変わらないよ!

「どうせならお得に契約したい!」という方は、当サイトおすすめのWiMAXプロバイダをご紹介しているので参考にしてみてください。