インターネット回線の選び方は戸建と集合住宅とで変わる?

光回線などのインターネット回線サービスでは、戸建てに住んでいるか集合住宅に住んでいるかで料金プランが分かれているのが一般的です。
このことからも分かる通り、インターネット回線の選び方は戸建と集合住宅で変わります。
この記事を参考に、自分が住んでいる住環境に応じて最適なインターネット回線を選んでみましょう。
戸建てと集合住宅別のインターネット回線の選び方を説明するハムスター
ジャンガリアン
集合住宅タイプの方が安いことが多いよね。他にはどんな違いがあるんだろう?
ゴールデン
まずは、双方の回線の引き込み方など違いをチェックしていこう!

戸建てタイプと集合住宅タイプの違い

それぞれの選び方を確認する前に、まずは、戸建てタイプと集合住宅タイプとではどのような違いがあるかを解説します。

戸建てタイプの仕組み

戸建てタイプの場合、家の近くにある電柱から建物内に回線を直接引き込んでインターネットを使えるようにします。

一本の回線を契約者が独占できるので、集合住宅タイプと比較して速い速度が出やすく安定しているのがメリットです。

しかし、開通工事を必ず行う必要があるので手間がかかるうえに、月額料金も集合住宅タイプと比較して高くなります。

集合住宅タイプの仕組み

集合住宅タイプはほとんどの場合、電柱から建物内に回線を引き込み、分岐装置に接続します。
そこから、契約した各家庭に回線を分岐してインターネットを使えるようにする仕組みです。

一本の回線を他の契約者と共有して使うので、同じ建物内の契約者が同時にインターネットにアクセスすると回線が混雑して速度が不安定になる場合があります。

月額料金に関しては、一般的に戸建てタイプよりも集合住宅タイプの方が安めです。

集合住宅でも戸建てタイプを契約できる

普集合住宅タイプでも十分に速度は出ますが、どうしても速度を重視したいという方はあえて戸建てタイプを契約するのもアリです。
例えば、NURO光ではマンション向けの戸建てプランが用意されています。

なお、契約の際には下記の事項を必ず確認しておきましょう。

管理会社または管理人さんに許可をとる
月額料金が高くなる
開通工事に時間がかかる場合がある

また、逆に集合住宅タイプに契約したくても、契約ができないといったケースもごくまれにあります。

集合住宅タイプで契約ができない例

ポートの空きがない(同時契約数が決まっている)
古いマンションやアパート
戸数が少なくマンションタイプが導入されていない

意外な落とし穴があるので、引っ越しの際には念の為確認しておいた方が安心です。

ゴールデン
繁忙期だと開通工事が1~2ヶ月待ちっていうことも少なくないよ。

戸建て|インターネット回線の選び方

戸建て住宅

それでは、まず戸建のインターネット回線の選び方をご紹介します。
戸建ての場合、自分が好きな回線サービスを選びやすいのがメリットといえます。

選ぶ際には、次の3つのポイントに注目して選ぶのがおすすめです。

スマホとのセット割が適用可能か
対応エリアを調べる
キャンペーンをチェック

それぞれ詳しくみていきましょう。

スマホとのセット割が適用可能か

お得に契約したい場合は、スマホとのセット割が適用できる光回線かどうかを確認しましょう。

例えば、ドコモのスマホ・携帯を使っている方がドコモ光を契約すると、スマホの利用料金が月々最大1,000円割引されます。

セット割は一人あたりに適用されるので、家族4人全員がドコモユーザーだとすれば毎月最大4000円も割引されるのでかなりお得です。

下記の表では、当サイトおすすめのセット割に対応するインターネット回線をまとめました。
自分の使っているスマホキャリアと対応エリアを確認してチェックしてみてください。

おすすめ光回線

※スマートフォンの方は右にスクロールしてください。

キャリア
MVNO
おすすめ光回線 対応エリア 料金
NTT Docomo・ロゴ ドコモ光・ロゴ 詳細を見る 全国対応 戸建て:5,200円
マンション:4,000円
AU・ロゴ eo光・ロゴ 詳細を見る 近畿 戸建て:4,953円
マンション:3,524円
コミュファ光・ロゴ 詳細を見る 東海 戸建て:3,280円~
マンション:2,980円~
So-net光プラス・ロゴ 詳細を見る 沖縄 戸建て:2,080円
マンション:3,080円
auひかり・ロゴ 詳細を見る 近畿・東海・沖縄以外 戸建て:5,100円
マンション:3,800円
SoftBank・ロゴ ソフトバンク光・ロゴ 詳細を見る 全国対応 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
NURO光・ロゴ 詳細を見る 関東・近畿・東海
各一部地域
戸建て:4,743円
マンション:1,900円〜
MVNO・ロゴ So-net光プラス・ロゴ 詳細を見る 全国対応 戸建て:2,080円
マンション:3,080円
enひかり・ロゴ 詳細を見る 全国対応 戸建て:4,300円
マンション:3,300円
NURO光・ロゴ 詳細を見る 関東・近畿・東海
各一部地域
戸建て:4,743円
マンション:1,900円〜

※全国対応でも一部地域では対応外となる場合があります。

対応エリアを調べる

インターネット回線を選ぶ際に必ず確認しておきたいのが、住んでいるエリアに対応しているかどうかです。

フレッツ光や光コラボは基本的に全国展開しているので問題ないのですが、auひかりやNURO光などの独自回線を利用しているサービスは一部地域に対応していません。

対応エリア外だと使えないので必ず確認するようにしましょう。

キャンペーンをチェック

できればお得に契約したいと考えている方は、キャンペーンをチェックしておきましょう。

戸建ての場合、開通工事にお金がかかるので工事費無料キャンペーンは見逃せません。
その他にも、以下のようなキャンペーンをよく見かけます。

キャッシュバック
他社の解約違約金を負担
月額料金割引
高性能ルーターのプレゼント
ゲーム機のプレゼント

また、「代理店経由での契約がおすすめ」の項目で詳しく説明しますが、光回線は公式からではなく販売代理店から契約した方がキャンペーンが豊富なケースが多くなります。

集合住宅|インターネット回線の選び方

集合住宅のイメージ

集合住宅に住んでいる場合、建物がどのようなインターネット回線の対応状況によって選び方が異なります。

対応状況のパターンは大きく分けて以下の3つです。

①インターネットを完備している
②インターネットに対応している
③インターネット回線が引かれていない

それぞれの対応状況別に選び方を解説していきます。

ゴールデン
対応状況は建物の管理会社または管理人さんに問い合わせたら教えてくれるよ!

①インターネットを完備している場合

インターネットを完備しているマンションの場合、建物自体にインターネット回線がすでに備え付けられている状況です。

そのため、工事不要でLANケーブルやWi-Fiルーターさえあればすぐに使えます。

さらに、インターネット完備のマンションの場合、インターネット料金を無料となっている場合が多いのも魅力です。

3つの注意事項

インターネットが無料で使えるマンションはかなりお得ですが、以下3つの注意点を必ず抑えておきましょう。

▼利用者が多い時間帯は速度が落ちる場合がある

インターネットの利用者が増える時間帯だと回線が混雑して速度が落ちてしまう可能性があります。

▼無線接続したい場合はWi-Fiルーターを用意

インターネット完備マンションの物件では、ほとんどの場合無線接続ができるようになるWi-Fiルーターを完備していません。
無線接続したい場合は、自分でWi-Fiルーターを別途購入しましょう。

▼個別でネット契約ができない場合がある

自分で回線サービスを選んで契約したいという場合でも、マンションによってはできない場合があります。
個別契約できるかどうかは、管理会社または大家さんに聞いてみましょう。

②インターネットに対応している場合

インターネットに“対応”している場合は、建物の共用スペースまで回線工事が完了していることになります。

この場合、自分の部屋に回線を引き込む工事をする必要があるので、インターネット完備マンションとは違ってすぐは使えません。

どの回線が使われているかチェック

例えば、共用スペースまで引き込まれている回線がフレッツ光の場合、フレッツ光回線をそのまま使うかフレッツ光回線を使っている“光コラボサービス”を自分で選んで契約できます。

一方で、auひかりやNURO光などのフレッツ光回線を使っていないサービスを使いたい場合は、自分で新しく回線を引かなければならないので注意しましょう。

フレッツ光よりも光コラボがお得!

そもそも光コラボとは、NTT東日本・西日本が卸し売りしているフレッツ光回線を他社が受け、独自の施策を付け加えてユーザーに提供するサービスのことを指します。

ゴールデン
フレッツ光と同じ回線を利用しているので、光コラボでも速度や安定性などの品質はフレッツ光と変わらないよ!

フレッツ光回線が共用スペースに引き込まれている場合、フレッツ光をそのまま使うより光コラボを契約した方が以下2点の理由からお得になるのでおすすめです。

フレッツ光よりも月額料金が安い場合が多い
スマホ(または携帯)とのセット割が適用される

ほとんどの場合、フレッツ光よりも光コラボの方が月額料金を安く設定されています。

また、光コラボではスマホとのセット割を実施している点も魅力です。
例えば、ドコモ光ユーザーがドコモ光を契約した場合セット割が適用され、スマホの利用料金が一人あたり毎月最大1,000円割引されます。

ジャンガリアン
一人あたりってことは家族全員がドコモユーザーだったら、毎月最大4,000円も割引されるんだね!!

上記の表では、スマホキャリア別にセット割が適用できる当サイトおすすめの光回線をまとめているので参考にしてみてください。

ゴールデン
光コラボ以外の回線でもスマホとのセット割を実施しているよ!

③インターネット回線が引かれていない

そのままの意味で、インターネット回線が引かれていないマンションです。
この場合、建物に回線を引き込む工事をしなければならないので、管理会社や管理人さんに許可をとる必要があります。

また、インターネット回線を契約する際には以下2つの方法があります。

住人と協力して一緒にマンションプランを契約する
自分でマンション向けの戸建てプランを契約する

マンションプランを契約する場合は、月額料金は安くなりますが速度が落ちる可能性があります。

マンション向け戸建てプランを契約する場合は、回線を独占できるため速度の安定性が見込めますが月額料金が高めです。

モバイルWiFiやホームルーターも検討しよう

モバイルWiFiとホームルーターのイメージ

上記では、光回線をメインに選び方をご紹介しました。

光回線は、インターネット回線のなかでも特に高いシェアを誇っているので、特にこだわりがない方は光回線を選ぶのがおすすめです。

しかし、モバイルWiFiやホームルーターを検討するのもアリです。
下記の表では、光回線・モバイルWiFi・ホームルーターの特徴を比較してみました。

光回線 モバイルWiFi ホームルーター
平均月額料金 5,000円前後 4,000円前後 4,000円前後
最大通信速度 1Gbps 440Mbps~ 440Mbps~
通信制限 なし あり あり
※無いものもある
工事 必要 不要 不要
持ち運び
こんな方におすすめ 大きなデータを頻繁にやり取りする
速度・安定性を重視したい
複数人で同時に使用する
外でも使いたい
自宅ではあまりネットを使わない
引っ越しが多い
工事をしたくない又は出来ない
引っ越しが多い
大きなデータのやり取りが少ない

もう少し詳しくみていきましょう。

光回線がおすすめの人

光回線は、月額料金は高めですが、モバイルWiFiやホームルーターと比較して通信速度が速く安定しているのが特徴です。

また、通信制限も無いのでデータ容量を気にすることなく使えます。

これらのことから、以下の項目に当てはまる人におすすめできます。

モバイルWiFiがおすすめの人

モバイルWiFiの特筆すべき特徴は、外に持ち運んで使える点です。

基本的に通信制限が設けられているので、ネットサーフィンやSNSの閲覧、動画を少し視聴するくらいといった方におすすめといえます。

月額料金も安めで工事不要のため手軽に使えますが、速度の安定性は光回線の方が優れているので気になる方は避けましょう。

ホームルーターがおすすめの人

ホームルーターは、光回線のように屋内でしか使えませんが、工事不要でコンセントに繋ぐだけですぐにつかえるのが特徴です。

通信スペックは、光回線よりは劣ってしまいますが、モバイルWiFiよりは安定しており、通信制限を設けていないサービスもあります。

また、引越し先でも住所変更すればそのまま使えるので、引っ越しが多い方にもおすすめです。

代理店経由での契約がおすすめ

光回線サービスには、代理店が存在することがあります。

各代理店では、他社と差別化を図るために公式では受けられない、高額キャッシュバックや割引などの特典を用意しています。

なかには、公式のキャッシュバックキャンペーンと代理店独自のキャッシュバックを併用して受けられるケースもあるのでお得に契約したい方は要チェックです。